読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIAKI @ 千晶 チアキ ちあき

CHIAKISS(チアキス)のYOGA(ヨガ)プライベートレッスン。サロンでエレ女へ。25ans(ヴァンサンカン/バンサンカン)掲載中。CHIAKI(千晶・チアキ・ちあき)インスタグラム @vivichan1325

インスタグラム@vivichan1325

CHIAKI 千晶 チアキ ちあき

Instagram(インスタグラム)は、無料の画像共有アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、FacebookTwitterfoursquareTumblrFlickr、ポスタラスといった他のソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)で共有する。

iPhoneiPod touchiPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスには当初から適応していた。また、2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。

コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの投稿画像は正方形が基本となっている。

ケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーが、ベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツの2社から財政的支援を受けて、インスタグラムのグループは始動した。Burbn という名の当初のプロジェクトには数々の機能があった。クリーガーが参加したあとでチームは、モバイルにフォーカスしたものを選択した。そこで残ったものがインスタグラムである。

2010年10月6日、アップルのApp Storeに登場したインスタグラムは、同年12月までに100万人の登録ユーザを獲得。登録ユーザ数は翌2011年6月までに500万人を突破し[6]、同年9月までには、1,000万人に達した。

2010年10月、インスタグラムの発表された直後に、コミュニティ・マネジャーとしてジョシュ・ライデルが加わった。同年11月には技術者としてシェイン・スウィーニーが、翌2011年8月にはコミュニティ・エヴァンジェリストとしてジェシカ・ゾールマンがそれぞれ加わった。

2011年1月、ハッシュタグが導入され、写真探しが容易になった。同年9月、ヴァージョン2.0がApp Storeに登場した。このアップデイトでは、ライヴ・フィルター、インスタント・ティルト・シフト、4つの新フィルター、高解像度画像、オプションのボーダー、ワン・クリック・ローテーションが加わり、アイコンが新しくなった。

2011年7月、インスタグラムは、同サービスに1億点の画像がアップロードされたことを発表、同年8月には総数1億5千万点に達した。

25ans ヴァンサンカン バンサンカン

CHIAKI 千晶 チアキ ちあき

25ans(ヴァンサンカン/バンサンカン)は、ハースト婦人画報社が発刊している、25歳前後の女性をターゲットにしたファッション雑誌。

1980年4月に創刊された。誌名はフランス語で「25歳」を意味し、「社交界に身を置く20代以上の『お嬢様』」が対象とされている。創刊初期は「婦人画報」を購読する高所得家庭の子女を主なターゲットと想定した。「CLASSY.」(1984年~)や「miss家庭画報(→MISS / MISS plus+)」(1989年~2013年)とともに「お嬢様系雑誌」として知られ、1980年代後半のバブル景気時代に人気を獲得した。上記2誌が一般OL向け路線にシフトした現在は、より「お嬢様」カラーを強め、富裕層の女性に向けた海外旅行や欧州の社交界に関する記事を多数掲載している。

「今の時代のゴージャスを体験するための情報を発信する、インターナショナル・ラグジュアリー・マガジン」をスローガンとし、「ラグジュアリー系雑誌」もしくは「ゴージャス系雑誌」の代表格として高い人気を持ち続けている。2013年1月号(2012年11月28日発売)で発売400号目を迎えた。ジャンルは「ゴージャス系」と説明されることが多い。ファッション、ビューティ関連以外にも、旅行、リフレッシュ、社会奉仕など、富裕層のライフスタイルに関する記事を幅広く掲載している。

掲載商品の大多数が欧州の名門ブランドの商品であるほか、ロケ地にも海外のリゾートや有名観光地を多数起用している。モード界の最新コレクションに関する情報も充実している。ファインジュエリー、高級時計に関する記事も、女性向けのファッション誌としては多くみられる。

2013年12月号(同年10月28日発売)まで、目次が「婦人画報」に見られるような3枚折り(目次対向の広告面があり、2ページ相当)で、裏側3ページも広告面となっていた。2014年1月号(2013年11月28日発売)から一般的なスタイルとなり、目次直前の広告面は目次対向+その手前の見開きで3ページ単位で出稿されている。3ページ単位の広告枠は、いずれも宝飾品・時計ブランドが出稿していることが多い。

特集のタイトルなどで、キャッチフレーズとして「エレ女」( - じょ)を用いている。また、誌面に登場する少女漫画アイコンは柏屋コッコ作画のバーチャル読者モデル「綾小路麗華」。

芦屋

CHIAKI 千晶 チアキ ちあき

チアキさんのご自宅は関西地区でも高級住宅地として名高い芦屋にあります。

 

チアキさんのお気に入りであるバカラのシャンデリアが飾られた、ビリヤード台が置かれたリビングルーム。

ロココ調のクラシックなインテリアが好みだそう。

自宅の隣に建てられたゲストハウスには、旦那さまの弓である楽器がずらりと並べられたステージが設けられています。

自宅でコンサートを開けるほど広々とした空間は圧巻です。

自宅で過ごす時間が何よりも大切で貴重

CHIAKI 千晶 チアキ ちあき

キュートな美貌とピュアで透明感あふれる佇まいに誰もが魅了されるチアキさん。

そんな彼女の毎日の楽しみは「自宅で過ごす時間。何よりも掃除好きなんです(笑)。お手伝いの方もいるのですが、自分でやらないと気が済まなくて・・」と主婦の鑑的なコメント。

それもそのはず、彼女のライフスタイルは、旦那様と子どもが中心。

朝の4時に起床し、その日の食事をすべて準備後、経営しているサロンに出勤。

ご友人とは、ランチ社交や午後のティータイムを一緒に過ごすことで情報交換をしているそう。

そして夕方には帰宅し、夜の9時頃には就寝するという超ヘルシーな生活。

それによって、透き通るように美しい肌や抜群のプロポーションを維持しているとか。

芦屋の一等地に位置するご自宅は、7年越しで建てられたこだわりの豪邸。

白を基調とした邸内は、清楚感もさることながら、ぽかぽかとした日差しが入るよう計算され、温かみを感じさせます。

チアキさんの優しく柔和なお人柄とリンクする空間です。

時代を超えてもエレガンスは永遠

CHIAKI 千晶 チアキ ちあき

タイムレスな品格が漂う大和撫子エレ女

エレ女といえば、いつの時代も女性らしくエレガント。

関西地区の中でも高級住宅地として名高い芦屋に居住するチアキさんは、そんなエレ女を体現したような存在。

ここでは、彼女のライフスタイルにフォーカスします。