読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIAKI @ 千晶 チアキ ちあき

CHIAKISS(チアキス)のYOGA(ヨガ)プライベートレッスン。サロンでエレ女へ。25ans(ヴァンサンカン/バンサンカン)掲載中。CHIAKI(千晶・チアキ・ちあき)インスタグラム @vivichan1325

25ans ヴァンサンカン モデル

一時は外国人モデルを多用していたが、現在は日本人、もしくは混血のモデルを多用している。表紙などを除き特に専属モデルは決まっていない。一部の特例を除き、記事に登場モデル名が表記されなかったが、2012年中頃からスタッフクレジット内に小さく表記されるようになった。

カバーキャラクター・連載

    長谷川潤 (2004年~)
    黒木メイサ (2010年~)
    キム・テヒ (2011年 - 2012年)
    杏 (2012年 - 2015年)
    水原希子 (2015年 - 2016年)
    森星(2017年 - )[3]

その他記事

    松島花
    市川紗椰
    エミ・レナータ
    林田岬優
    ALEXA
    佐藤栞里
    新川優愛
    新木優子
    三吉彩花
    emma
    Nana(AFTERSCHOOL)
    浦浜アリサ
    長谷川潤(2004~06年のカバーキャラクター)
    ヨンア
    ローラ
    すみれ
    LIZA
    森泉
    大政絢
    細谷理紗
    桐谷美玲
    イーラン
    ウヒナ
    ニコル
    松井愛
    絵美里
    小泉里子

オーナー シップとは

「オーナーシップ」とは、個人と組織、個人と仕事との関係を示す概念で、担当する仕事を“自分自身の課題”と主体的に捉え、強い情熱と責任感を持って取り組む姿勢のこと。 与えられた職務やミッションに対する自発性、経営に対する当事者意識、参画意識などがオーナーシップを形成する要素です。

 

チアキス ViVi オーナー

住吉区 コッキー

住吉区役所の屋上庭園は、区民の方の憩の場となるよう、いろんな樹木や草花を植えています。そんな中で春から夏のやわらかな緑や、秋の紅葉など楽しむ植物としてコキア(別名:ホウキ草)も育っています。この庭園の維持・管理に「種から育てる地域の花づくり」事業に携わっていただいている「花さかスミちゃんボランティア」の方々もお世話いただいています。日頃の皆さんの活動に感謝するとともに屋上庭園のPRを兼ねて作成しました。
区役所にお越しの際は、是非3階屋上庭園へお立ち寄りください。

 

 

住吉区(すみよしく)は、大阪市を構成する24区のうちのひとつ。

上町台地の南部、大阪市の最南部に位置し、大和川をへだてて堺市の堺区・北区と隣接している。6本の鉄道、あびこ筋あべの筋の2本の主要道路が、いずれも都心部と南北に結ばれている。区の北部は、阿倍野区南部から続く住宅街で、阿倍野区帝塚山一丁目から住吉区帝塚山中、帝塚山西とお屋敷町となる。その南に位置する住吉大社を中心にした住吉、上住吉は、旧家の多い昔からの静かな住宅地域であり、その周囲に清水丘、墨江、遠里小野、南住吉、山之内などの勤め人階層の多い住宅地が続いている。

現在の区域はおおむね、大阪市編入前の住吉郡(のち東成郡)住吉村・墨江村・長居村・依羅村の大半と、西成郡粉浜村の一部に当たる。1950年代頃までは区の東部・南部に農地が広がっていたが、宅地開発が進んだため区のほとんどが住宅地となっている。一方で、農地もごく一部に残っている。

住吉は古代では「すみのえ」と訓み、万葉集にも登場し、歴史は古い。現在、住吉、住之江、墨江は、別な地域名となっているが、元は住吉の読みの「すみのえ」の異表記だった。

もとは摂津国住吉郡といい、古代には住吉津(すみのえのつ)とそれを護る住吉大社が栄えた。中世には、住吉大社宮司の津守氏の館の住之江殿(正印殿)に南朝後村上天皇の御座所(皇宮)が約10年間置かれ(住吉行宮)、南朝の拠点となった。

1878年(明治11年)に「郡区町村編制法」が施行されて大阪府住吉郡が誕生し、郡内では唯一の町だった安立町に郡役場が置かれた。1896年(明治29年)4月に新しい郡制が施行され、住吉郡は東成郡に併合され消滅した。

住吉区は、1925年に大阪市の第二次市域拡張に伴って東成郡全域が大阪市に編入された際、旧住吉郡全域(平野郷町、喜連村、北百済村、南百済村、田辺村、依羅村、墨江村、住吉村、安立町、敷津村、長居村)と旧東成郡天王寺村の区域で誕生した。大阪市編入の際には、当初は名称を「阿倍野区」とする案が出されたが、最終的に住吉区の名称が採用された。

その後、1943年の分増区により、当時の阿倍野区東住吉区にあたる区域を分離した。1943年の分増区の際、当時の住吉区役所は現阿倍野区の区域にあったことから、現在の阿倍野区が「住吉区」の区名を継承し、現在の住吉区の区域を「住之江区」とする案が出された。しかし住民の反対によりこの案は撤回され、住吉大社周辺を含む当区の区域が住吉区の区名を継承した。

また1943年の分増区の際、隣接する西成区との間で区の境界の見直しがおこなわれ、一部区域(天下茶屋・山王地区および旧敷津村の一部)が西成区に分離編入されると同時に、当時西成区に属していた粉浜地区が住吉区に編入された。

1974年には住吉区住之江区に分区された。従来の区について、細井川(細江川)以北は南海本線細井川以南は阪堺線を境に東西に分け、西部を住之江区とした。住之江区の分区により、住吉公園や安立、浜口などは住之江区に属することとなった。

生野区 マスコット いくみん

生野区マスコットキャラクター「いくみん」の紹介ビデオです。

「いくみん健康体操」の音楽に乗せて生い立ちや活動などを紹介しています。

 

生野区(いくのく)は、大阪市を構成する24区のうちのひとつ。同市の東南部に位置する。

上町台地の東側に位置し、平坦な地形が続く。区境は、西側が大阪環状線、北側が近鉄奈良線によって形成されているために直線的なものになっている。そのために北西端に位置するJR西日本近鉄鶴橋駅は、駅舎の一部が隣接する天王寺区や東成区にまたがる格好になっている。

文書に残る日本最古の橋である猪甘津橋は、現在の生野区に架かっており、周辺に鶴が群れていることからその後「鶴の橋」と呼ばれるようになったとされ、現在の「鶴橋」の地名となった。河川の埋め立てにより現在は橋がなくなったが、「つるの橋跡」の石碑がJR環状線桃谷駅近くに建っており、橋脚の一部が残っている。

生野長者と呼ばれた長者の子が、生まれつき言葉をしゃべらないので聖徳太子に相談したところ、聖徳太子が「私が前世に預けた舎利を返しなさい」と長者の子におっしゃった。すると長者の子は3つの舎利を口から吐き出し、それからは普通にしゃべれるようになった。聖徳太子はその舎利を一つは四天王寺に、一つは法隆寺に、一つを長者に賜った。その舎利をおまつりするために長者は寺を建て、舎利尊勝寺と名づけた。生野区の名称はこの故事に登場する生野長者に由来し、長者の建てた舎利尊勝寺は生野区内に現存しており、一帯の地名「舎利寺」の由来となっている。

外国人登録者数は29,369人(2011年9月現在)で区人口の約22.1%に達し、大阪市区で最も多い。そのうち、韓国・朝鮮籍は27,072人、中国籍は1,745人など。ちなみに全国最多の外国人登録人口を抱える東京都内における最も外国人人口の多い 新宿区の人口(324,082人)に対する外国人人口(34,121人)比率は10.5%(平成26年1月1日現在)である。同区の比率はその倍以上であることから、全国で最も外国人居住者の比率が高い行政区の一つである。(例外で、人口統計には含まれないが沖縄県中頭郡北谷町は、人口約2万8千人に対し、基地内外に在住する米軍人・軍属とその家族が約1万人が在住しており、町民人口の約3分の1に相当する)

個人商店、中小企業が多く、特にゴムと硝子工業が有名。『田島(たしま/たじま)のめがねレンズ』は特に有名で、昭和40年代までは全国シェアの90%の生産量を誇っていた。田島神社境内には「レンズ発祥の地」の碑がある。商店街も多く賑わいを見せている。

またロート製薬フルタ製菓ノーベル製菓モリタ、そして山本化学工業の本社や工場も生野区に所在する。ちなみに、ロート製薬の一社提供番組であった『アップダウンクイズ』(毎日放送)や『クイズダービー』(TBS)などで使われたオープニングキャッチの映像は、生野区巽西にあるロート製薬の本社工場・研究所である。

鶴橋地域や今里新地地域にはコリア・タウンが形成されており、コリア系商業ビルも存在する。

帝塚山の歴史を調べる

一帯は、大正時代までは住吉郡(のち東成郡)住吉村に属していた。かつて一帯は原野だったが、明治時代に開発され大正時代初頭から住吉第一耕地整理組合等による耕地の区画整理が行われ、そこが住宅地として次々転用されていった。住吉村常盤会が編集した『住吉村誌』(1927年)によると、村では北畠・帝塚山界隈を「高級住宅街として開発した」と自負するような記述が見られるが、これは誤りで「耕地を区画整理して宅地に転用した」が史実である。

帝塚山が住宅地として発展した要因のひとつとして、鉄道の開通と駅の開設がある。1900年(明治33年)に大阪馬車鉄道(南海上町線を経て、現・阪堺電気軌道上町線)が東天下茶屋 - 上住吉(現在の神ノ木)まで延伸した際、姫松駅(現・姫松停留場)と帝塚山駅(現・帝塚山三丁目停留場)を開設。その後、宅地化が進むにつれて、1934年(昭和9年)に南海鉄道高野線(現・南海高野線)の帝塚山駅、1940年(昭和15年)には上町線帝塚山四丁目停留場がそれぞれ開業した。

ただ、帝塚山は住宅街となったものの、近隣に適当な教育施設がなく、新規居住者の子女が教育を受けられない状況にあった。そこで、地元の教育関係者や開発業者、地主らが資金を捻出して、東京の学習院をモデルに1917年(大正6年)、帝塚山学院小学部を開校[3]。 以後、幼稚園、高等女学校なども開校し、教育環境は改善されていく。1925年(大正14年)には、大阪府女子専門学校(旧制)が阿倍野区から移転し開校。隣接する北畠にも1922年(大正11年)に大阪高等学校(旧制)、翌1923年(大正12年)には大阪府立住吉中学校が移転・開校しており、帝塚山周辺は大阪有数の文教地区として知られるようになった。1953年(昭和28年)には、万代池畔に関西外国語短期大学も開校し、文教地区の新たな一翼を担った。

住吉村は1925年に大阪市に編入され、住吉区となった。その後1943年には、大阪市の分増区により、住吉区のうち都市計画道路(現在の南港通)以北が新設の阿倍野区となった。そのため、帝塚山と万代は両区に町名がまたがっている。

ヴァンサンカンで見た芦屋にあるchiakiss社長の自宅がセレブ過ぎ

芦屋は関西地区でも高級住宅地として名高い

チアキさんのお気に入りであるバカラのシャンデリアが飾られた、ビリヤード台が置かれたリビングルーム。

ロココ調のクラシックなインテリアが好みだそう。

ドルチェ&ガッバーナのワンピースも美しく映えます。

自宅の隣に建てられたゲストハウスには、旦那さまの弓である楽器がずらりと並べられたステージが設けられています。

自宅でコンサートを開けるほど広々とした空間は圧巻です。

 

ゲストが存分に楽しめる空間づくりが理想

自宅と隣り合わせに建てられたゲストハウスには、交友関係の広い旦那様とCHIAKI(チアキ)さんの友人を招くこともしばしば。

ゲストが寛げることをいちばんに考えられた空間には、さまざまな設備が調えられています。

1500坪の広大な土地に建てられたゲストハウスには、様々なファシリティが揃っています。

①シミュレーションゴルフの機器やジムの機械を完備。

自宅で過ごすことが好きというのも納得です。

②ゲストルームに置かれたグッチ製のチェスがおしゃれ。

③広々としたテニスコートとバスケットゴールもあり、大勢のゲストで楽しめるつくりに。

④ビリヤード台やゲーム機、卓球台、ダーツまで様々なレクリエーションが揃えられているゲストハウスの一部屋。

⑤自宅とゲストハウス両方に設けられたサウナ。こちらはプールサイドに配されていて、大人数にも対応。

⑥広々とした庭を望むプール&ジャグジー。冬は室内プールに、夏は大きな窓を開き屋外プールのようにチェンジできます。

 

自分らしさをちりばめたクラシックモダンな空間

ロココ調のクラシックな家具がお好きなchiaki(チアキ)さんと、モダンなインテリアにこだわりをもつ旦那様との絶妙なセンスのミックスで、独自のラグジュアリー感が漂うご自宅。

開放的かつ温かみを感じさせる素晴らしい空間です。

■プリンセスを彷彿させる、とびきりリュクスで愛らしいインテリア。

家具はほぼユーロカーサで揃えているチアキさん。

①ガラステーブルの脚部分には、ひと目惚れした薔薇モチーフが。

②ハンドメイドで仕上げられた、シリック社の薔薇モチーフのシャンデリアとチェスト。

③着用した思い出のウェディングドレスをインテリア代わりに。

④ガラス張りのエレベーターがおしゃれ。

 
 
 
 

エレ女(エレガントな女性)が通うサロン

エレ女とは"エレガントな女性"を意味します。

エレ女のツボを押さえたサロンをじっくりご紹介!

関西圏のエレ女から「たくさんのレッスンを快適に受けられる」「通いたくなる」と評判の「CHIAKISS」。

プライベートな空間を充実させた、癒されながら美しくなれるサロンの詳細をレポートします!

【YOGA ヨガ】

CHIAKISS(チアキス)は、常温&岩盤の2スタジオで行うヨガ。メニューの細かい設定が評判に。

国際的ライセンスを持つインストラクターが指導。

99.9%紫外線をシャットアウトされた明るいスペースが常温ヨガスタジオ。

ミラー張り、床暖房が完備された快適な空間です。

岩盤ヨガは、36℃前後、湿度60%前後の室内に、体内バランスを整えるゲルマニウムを敷き詰めた岩盤の上で行うもの。

汗により体内に溜まった毒素を排出し、基礎代謝アップ。

ヨガも岩盤ヨガも、ベーシックなメニューから骨盤の歪みを調整したり、リンパの流れを良くするなど美を追求するレッスンまでと豊富。

【TREATMENT】

ボディもフェイシャルも、手ごたえを感じられるトリートメント

落ち着いたブラウンカラーを基調としたサロンには、最新の痩身マシーン(キャビテーション)や、一度で効果を実感できるフェイシャルなど美をアップデートできるメニューから、足裏を中心に膝から下をほぐすリフレクソロジー、ツボ押し式マッサージとストレッチで全身をほぐすボディケアなど、リラクゼーションメニューも揃い踏み。

施術の効果を高めるために、ヨーロッパでシェア№1といわれているプロフェッショナルコスメ「ギノー」、アロマブランド「イブテイラー」など、高機能・高品質なブランドを使用。

ボディの痩身・デトックス、顔のリフトアップなどをトータル的に叶えます。